【避難警戒レベル】レベル1~5までの行動と心構え。

ニュース

近年、異常気象や震災などで甚大な被害を受けている日本。
ニュースやスマホでオンラインの情報を受け取ることが安易になったはずなのになぜ今だに負傷者や死者がでてしまうのか?
それは情報をもとに行動する人としない人の違いに僕はあると思います。
内閣府が平成31年3月に改定され「自らの命は自らで守る」という方針が示された。
自分や大切な家族を守るために自治体や気象庁が発表する警戒レベルを元に迅速に避難しましょう。

警戒レベル1

災害につながる可能性のある警戒レベル。ニュースやスマホから最新の情報を常に確認しておく必要があります。何か起きてからでは遅いので、「もし今災害が起きたら?」を考えて災害に備えて心の準備をしましょう。心構えがあれば行動する時に冷静な判断ができるのでとても大事なことです。自然の力は人の命を簡単に奪い去ってしまうということを肝に命じておいてください。

警戒レベル2

自分のお住いから避難先を確認する。そしてハザードマップ等で避難経路を確認すること。
いざ避難するとなった場合に迅速な行動ができるようにしっかりと確認をしておく事が大事です。

警戒レベル3

高齢者の方、または避難に時間を要する人は避難をする。その以外の人は避難の準備をする。この時は避難するつもりでいた方がいいでしょう。とにかくその時の判断で人の生死に関わってきますので避難するつもりでいた方が賢明でしょう。

警戒レベル4

全員直ちに避難してください。避難場所までたどり着くのが困難な場合は近くの安全な場所や自宅内の安全な場所に避難しましょう。この時に冷静な判断ができるようにレベル1、2の時点でしっかり準備をしておきましょう。全ては行動で決まります。人はパニックになると誤った判断をしていても気づかないので冷静に行動することが一番大事です。

警戒レベル5

この時点ですでに災害が発生しているレベルです。自分や周りの人の命を守るために最善の行動をとり命を守りましょう。命を守るというのは人として生きるという事なので常に安全を優先して行動するようにしてください。

まとめ

自分の命は自分で守るという言葉の通り、自分で判断して自分で行動するということが一番大切なのかなと思います。何かあってからでは遅いという気持ちを常に心においていれば生存確率は大幅に上がると思います。これから先、異常気象や予期せぬ災害の為にも準備をしておくにこしたことはないです。自分や大切な家族を守るために様々なグッズもあるのでまだ生き残る為の準備ができてない人は早めに準備をしておくことをおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました